本文へスキップ

株式会社ヌマタはエレクトロニクス'メカトロニクスの専門商社です。

 

www.numata.co.jp

LITEMAX超高輝度モニター

HOME>サービス/製品一覧>LITEMAX超高輝度モニター

製品概要

世界に先駆けて超高輝度LCDを発売して20年。もっと高輝度に、もっと色再現性を高く、そしてどこにも似まねできない形状を追究しているのが、LITEMAX社の超高輝度/リサイズモニターです。。
○○○○○○○○イメージ

超高輝度化を実現する-バックライト・テクノロジー

LITEMAXのコアテクノロジーはバックライトの超高輝度化です。
1000cd/uから4000cd/uの超高輝度を用途に合わせて開発しています。
低消費電力化と10万時間の長寿命化も合わせて実現するのがLITEMAXです。


○○○○○○○○イメージ

自由なサイズを実現する-リサイズ・テクノロジー

自由なサイズに液晶をカットするリサイズ・テクノロジーです。世界特許のカット技術で多様なバータイプ(スーパーワイド)のLCDを提供しています。日本の大型テーマパークのゲートシステムや交通システムにも多数採用されています。近年ようやく量産が始まったマスクタイプの横長液晶の高輝度化にも積極的に挑戦しています。


○○○○○○○○イメージ

食べ物を美味しく見せる-MAXRGB・テクノロジー

白色LEDバックライトの欠点だった「青み」をMAXRGB技術で制御して、発光源レベルでのR/G/Bのバランスを整えました。食べ物はこれまで以上に美味しそうに、アパレルはこれまで以上にふんわりと表現できるようになりました。


製品一覧

○○○○○○○○イメージ

Durapixel 超高輝度液晶モニター

デュラピクセルシリーズは、通常サイズの超高輝度LCDモジュールです。6.5インチから75インチまでの幅広いラインナップで、超高輝度、長寿命、広色再現性を実現しています。供給形態も、完成品モニターから部品モジュールでの供給まで、お客様のニーズに合わせてご提供させていただきます。


○○○○○○○○イメージ

Spanpixel スーパーワイド液晶モニター

スパンピクセルシリーズは、LITEMAX社が特許をもつ液晶カット技術を駆使して多彩なサイズの液晶を提供しています。デジタルサイネージや、パブリックモニター、交通用表示器など、これまで液晶が対応できなかった、狭い空間にも設置することかできます。  



Spanpixelのカットパネルとマスクパネルのお話

○○○○○○○○イメージ

カットパネルのメリットとデメリット

つい最近まで、スーパーワイドな液晶パネルは、16:9の標準サイズのパネルを特殊な技術でカットして製造されていました。これはカットパネル方式と呼ばれて少量でもいろいろなサイズの横長パネルが自由に製造できるメリットがあります。サイズに自由度があるため、多品種の横長パネルをご用意することで、様々な用途にフィットするモニターを提供することができます。
しかし、完成品の液晶パネルをカットするため、技術ハードルがとても高く、製造メーカーによっては不具合を発生させたことがあります。そのため、車載などの振動が多い場所では使われない傾向にあります。
近年はカット技術の飛躍的向上により過去のようなトラブルは激減しており、いろいろなサイズが用意できるカットパネルのメリットが再認識されています。


○○○○○○○○イメージ

マスクパネルのメリットとデメリット

マスクパネルはガラス等の部品の段階から特殊なサイズの液晶パネルを作ります。カット工程がないので通常の液晶パネルと同じ品質を実現できます。デメリットは、専用の部品や金型、開発費が必要になるため一機種を大量生産をしなければなりません。そのため、限られた特定のサイズしか製品化されません。また、パネルメーカーが想定した数が売れないと、すぐに廃番になってしまいます。
しかし、マスクパネルの安心感は特に交通系のユーザー様の支持を得ており、品種も少しづつではありますが増えてきています。


○○○○○○○○イメージ

LITEMAXはカットもマスクも高輝度化して提供します

LITEMAXのSpanpixcelシリーズは、サイズの自由度の高いカットパネルと、品質で安心できるマスクパネルの両方の液晶モニターを提供しています。
利用されるシーンに合わせた横長モニターや正方形モニターを多品種の中からお選びいただけるのが、Spanpixelの最大のメリットです。
マスクパネルを採用した製品は、品番の末尾が「-Y」となっています。


導入事例のご紹介についてのお詫び

○○○○○○○○イメージ

日本国内でたくさん導入されているのですが・・

LITEMAXの高輝度モニターは日本国内でもたくさん導入事例があります。皆さんが通勤されている駅やバス停、有名テーマパークのゲートなどで活躍しています。自慢したい事例はたくさんあるのですが、LITEMAXの超高輝度モニターは縁の下の力持ちなので、事例公開がほとんど許可いただけません。御商談過程で可能な範囲でご紹介させていただきますので、よろしくおねがいします。


○○○○○○○○イメージ

LITEMAXはカットもマスクも高輝度化して提供します

LITEMAXのSpanpixcelシリーズは、サイズの自由度の高いカットパネルと、品質で安心できるマスクパネルの両方の液晶モニターを提供しています。
利用されるシーンに合わせた横長モニターや正方形モニターを多品種の中からお選びいただけるのが、Spanpixelの最大のメリットです。
マスクパネルを採用した製品は、品番の末尾が「-Y」となっています。



○○○○○○○○イメージ

AA192AA01(三菱)とほぼ同サイズです。SSF1905

三菱のLCD撤退には驚きました。AA192AA01は19.2インチの横長モニターで特殊なサイズになっていて後継機でお困りかと思います。SSF1905がほぼ同じサイズで発売されています。簡単な比較表をつくりましたのでご覧ください。
スペック表もあります。こちらからどうぞ


ほぼ正方形なSSD4215で遊んでみました。

SSD4215は65インチの大型モニターを縦方向にカットしてほぼ700x800mm角の正方形モニターです。
ちょうど新幹線の窓っぽいので、二つ並べて動画をリンクさせて遊んでみました。
自粛でどこにも出かけられないときに癒されますね。旅行代理店の方、いかがでしょうか。


LITEMAX製品をご利用にあたり役立つ情報をまとめました。ヌマタオリジナルです。

LITEMAXシリアルインターフェース機能仕様書(V1.3)

LITEMAXモニターには、輝度や電源をコンロトールするためのシリアルインタフェースが装備されたものがあります。その標準的な機能とコマンドをまとめた資料です。

LITEMAX CRC計算方法(エクセルファイル)

シリアルインタフェースを利用する際に必要なチェックサムを計算するためのエクセルファイルです。一般的なCRCではなく、特殊な計算方法なので、こちらの計算式をご利用ください。

LITEMAX ライトセンサー利用ガイド

LITEMAXモニターにはライトセンサーがついた製品もあります。ライトセンサーの使い方についての情報です。OFFSET機能がわかりずらいので、ご一読ください。